若い命を自ら断たれた方の労働状態が公表されてからでしょうか。

働き方改革が言われています。

私自身現役のとき、

教師の仕事は、24時間営業のコンビニといっしょだ。

そう思っっていました。

近頃、やっと過労死がクローズアップされるようになり、

文科省の調査で、教員の6割が過労死ラインに達していることが発表されました。

私の経験では、6割どころではありません。

周りで同業の夫さんが過労死された方もいました。

心身を病まれ退職に追い込まれた方、休職した方に至っては多数に及びます。

その中で、生き延びている私を含め、今働けている先生方は、

たまたまの体調のリズムが心身を持ちこたえているにすぎず、紙一重です。

しかし、冒頭でも描いたように、これは、教師だけに限りません。

私の息子もしかり、他職でもおおいにあることです。

 

そう、子どもだってそうです。

結構忙しい子どもたち。

自死してしまう子どもたちも

なぜ?という行動をとる子どもたちも

「しんどい」といえなくなっているのではないでしょうか?

 

ああしんどい!思ったら口に出す。助けを求める。

 

がまんが美徳とされるところがありますが

「するべき我慢」と「してはならない我慢」

これを見わけ、命を守ることこそ生きる底力です。

 

「してはならない我慢」をしない。これはひとりでは出来ません。

大人も子どもも、先生も保護者も、すべてが、命を守る目線に立ちましょう。

「先生、休み? 困るねえ」ではなく

「違う先生に習えてよかったね。学年皆で勉強できてよかったね。

と声かけしてください。

自分が「しんどい」と言える先生のクラスは、

子どもたちも「しんどい」と言えるのです。

 

「職員の8割の出勤で成り立つ体制は、子どもの教育の中身が豊かになる」

といわれていますが、実現にはまだまだです

現場は、子どもたちの教育内容を保障しようと、なんとか助けあっています。

子どもたちと自分たちの命を守ろうと。

 

その前に、若いお母さん!お父さん!

あなたが我慢せずに「しんどい」時には「しんどい」といい

子どもに頼りましょう。

 

子どもが

「しんどい」とあなた方に頼れる環境にするために

 

あなた方が元気に子どもを見守れるために